天気の子 (2)



: ポンポコ名無しさん
やべえ映画ぶっこんできたわ東宝と監督。
この結末でここまで大規模で大丈夫か?
ワイは好きやが…

: ポンポコ名無しさん
「星を追うこども」の新海誠が帰ってきたのか

: ポンポコ名無しさん
三葉は故郷が隕石で壊滅して、憧れて住んだ東京も水没って悲惨すぎやしないか

: ポンポコ名無しさん
間違いなく新海のキャリアでは最高傑作だな
あれだけエンタメに振って君の名はの後に自分をしっかり保った映画作れてる

: ポンポコ名無しさん
この選択を描くのは難しい
被害がどれだけあったか明確に提示すればラストに乗れないしボカしたらボカしたで逃げてる感じがする
まあ意欲作なのは間違いない
天気の子 (1)

: ポンポコ名無しさん
何で雨が降りやまなくなってたかはハッキリとした言及ないからな
ヒロインが何かをする前から既に雨が降りやまない異常気象な東京になってた
今までの天気の状態だって観測はじめてからたかだか100年とかがこの状態が当たり前だったってだけで
もっと大昔は違ってたんだという話もチラホラ伝承っぽく出てくるし
昔は昔で誰かが犠牲になってしばらく晴れを手にしてただけみたいな可能性も見せてる感じ

: ポンポコ名無しさん
実際リアル世界でも海面上昇して海に沈みかけてる島とか世界的に異常気象は起きてるからな
前まではそうじゃなかったのに何でって言っても世界は少しずつ変わってるとしかいいようがないし
人間視点じゃない長い長い目で見れば地球は普通に氷河期と温暖期を繰り返してるだけって説もあったり
人間が環境破壊したせいだCO2がみたいなのもあるけど結局は分からんからな
そのリアル世界でもある異常気象を取り入れつつファンタジーにした映画みたいな

: ポンポコ名無しさん
小栗も本田翼も素晴らしかったよ
本田翼はキャラクターにめちゃくちゃあってる
予告の一言だけじゃやっぱり判断できんわ

: ポンポコ名無しさん
RADWIMPSの動画にサウンドトラック一覧書かれてるけど
これ見ればもう十分話わかるよな
no title

: ポンポコ名無しさん
>>
ネタバレすぎて笑う

: ポンポコ名無しさん
天気の子面白かった
さっきまで一緒に見に行った友達と飲んで語ってた
君の名はファンは是非見に行ってほしい

: ポンポコ名無しさん
主人公とヒロインは最後幸せになるんか?

そこだけだわ気になるの

: ポンポコ名無しさん
東京だけなの?日本の他の地域は?

: ポンポコ名無しさん
>>
東京の話しか出てこないから。
天気の子 (4)

日本全土だったら日照時間ゼロで農業壊滅、食糧難まで付いてくるよな。

: ポンポコ名無しさん
16歳のほだかだからこそあの選択だよね

: ポンポコ名無しさん
帆高の青臭さを許容できなかったらストレス溜まる映画だな
俺には合わんかった

: ポンポコ名無しさん
よかったけど、謎ムーブに銃要素は...
天気の子 (1)

: ポンポコ名無しさん
>>
銃は蛇足だったな
最後追われる展開にしたかったのだろうけど

: ポンポコ名無しさん
音楽は君の名は方が魅力的だったなぁ

: ポンポコ名無しさん
見てきたけど良作だけど君の名はほど力がない感じだったわ
オチは賛否両論と言うほど尖ってるわけじゃなかった

: ポンポコ名無しさん
さて、ここの評価と世間の評価
同じになるか、真逆になるか

: ポンポコ名無しさん
知ってるぞ
どうせおまえらどんなストーリーでも叩くだろうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

: ポンポコ名無しさん
本田翼の演技が普通に上手かった
あと、小説で微妙だと思っても映画だと全然印象変わるわ
完成度の高さすごい

: ポンポコ名無しさん
>>
全く同じ意見ですわ
天気の子 (3)

: ポンポコ名無しさん
まあ確かに主人公から破滅願望みたいなのは感じたかも
ヒロイン助けつつ、東京も晴れるみたいなハッピーエンドになれば良かったとは正直思う

: ポンポコ名無しさん
>>
自分はそこまでは感じなかった、今回も大人の理屈の人がいたし
それは通用しないでもいいじゃなかで納得できる

パンフレット読んだらそこは十分に納得できそう
(もちろん本編内で納得できる作りのほうが望ましい)

この手の話はまどマギっぽいところもある

: ポンポコ名無しさん
大切な女の子が生贄にってなったら主人公はああするしかないだろうな
陽菜に会いたいだけだ邪魔すんなってのはその通りだとおも
てかあんなに愛らしかった子猫のアメがなんだってまたあんなデブネコに
あとエンドロールに四葉の名前があったけど何処にいたんだろ?

: ポンポコ名無しさん
糸森消滅なかったことに出来て助かった事やまた出会えたのをご都合ご都合うるさかった事に対して
ご都合パワーで解決してチャンチャンにしなかったパターンだな
エゴ貫いて何が悪いって開き直ってるのは個人的には清々しかった
というか消化しきれないから明日また見るわ

: ポンポコ名無しさん
瀧と三葉どんな感じで出てきたの?

: ポンポコ名無しさん
>>
瀧くんは晴れ女サービスの依頼人
三葉は宝石ショップの店員

: ポンポコ名無しさん
>>
ほうほう結構ガッツリなのか!ありがとう!!

: ポンポコ名無しさん
なんだろ、
世界のかたちをひきかえにしてでも主人公とヒロインが自分たちの命と愛を選んだ
というのはある意味とても今らしいと言えるのかな

: ポンポコ名無しさん
今回はいつもの新海節でバットエンドだろと思って見たんだが
主人公とヒロイン(と関わった回りの人たち)にとってはガチハッピーエンドなわけで
こうくるとは思わなかったわ
天気の子 (5)

: ポンポコ名無しさん
ヒロイン助けたら東京水没とかすげーなw

: ポンポコ名無しさん
良くも悪くもボーイミーツガール物だね
個人的には楽しめた

: ポンポコ名無しさん
君の名はより好きだな
感情の揺さぶりで言えばあっちに軍配があがるが
しかしこの脚本は新海しか書かないわ
普通はブレーキかかる

: ポンポコ名無しさん
>>
俺もこっちの方が好き

: ポンポコ名無しさん
洗練されてしまった感はあるが
とても良かった

: ポンポコ名無しさん
>>
それだ、前作より洗練されてたんだ

: ポンポコ名無しさん
とりあえず、見終わって劇場出たら晴れてたのは出来すぎだと思ったわ
新海監督が天気の子だったというのが真のオチなのか?w

: ポンポコ名無しさん
君縄より面白い
売上はそこまでいかなそうだが

: ポンポコ名無しさん
年上かと思ったら騙された
心配だったけど滅茶苦茶良かった
しかし新海世界の日本は大変だわw

: ポンポコ名無しさん
時間軸的にはどうなんだろうな
君の名はからで考えれば会っていそうな気もするけど

: ポンポコ名無しさん
てか三葉はまた住んでる所が大災害にあったのかw

: ポンポコ名無しさん
>>
>てか三葉はまた住んでる所が大災害にあったのかw

みつはに変なキャラづけするのやめろwww

: ポンポコ名無しさん
なかなか面白かったわ
四葉とテッシーがどこに出てたのかがわからなかった

: ポンポコ名無しさん
>>
テッシーとさやちんは後ろ姿しか映ってなかったからしょうがないかも

: ポンポコ名無しさん
瀧くんこマンション出てきたから必死にあの2人が結婚した痕跡を探したのは俺だけじゃないはず
とりあえず指輪はしてなかったな

: ポンポコ名無しさん
>>
瀧くんまだ高校生か大学生じゃない?
時系列的に

: ポンポコ名無しさん
お父さん犬とか意識の外過ぎて全く気にならなかった件

: ポンポコ名無しさん
クレジット見て驚いたんだけど四葉ってどこにいたの?

指輪買った時の店員は三葉だったよね?

: ポンポコ名無しさん
>>
高校生四葉が学校にいるシーンが一瞬だけ出たよ

: ポンポコ名無しさん
三葉と瀧が再会するの2021年だろたしか

: ポンポコ名無しさん
ストーリーは君の名はより好きだな

: ポンポコ名無しさん
いい、いいじゃん!愛だね!!

: ポンポコ名無しさん
まさかのプリキュアw

: ポンポコ名無しさん
暗転を複数回使ったり
前作と同じように進めて展開を変えていたり
最終場面は綺麗にまとめたかなーという感じ
でも、夜にもう一回見に来ようと思えるほど良いと思ったよ

今年のこのタイミングだから余計に思うものがあった

: ポンポコ名無しさん
ラスト前までは平凡でつまんねえなと思ってたけどオチは嫌いじゃないわ
御都合主義で終わらず事件関連の禊をちゃんとしたのは良かった

: ポンポコ名無しさん
君の名は
も今回も初日に観れたが、どっちもエンドロールの後は
拍手が起きてた。
どっちもバルトだったけど、今回の方が拍手多かった

: ポンポコ名無しさん
おれは君の名はよりこっちのが好きかな
複雑な話なら秒速でいいわけで

: ポンポコ名無しさん
面白かったな
君の名はより納得できる内容だったけどインパクトは弱かったかな

: ポンポコ名無しさん
観てきた
個人的にはめっちゃ好き
グランドエスケープがレリゴーみたいな開き直りソングで驚いた
糞ガキで甘いな青いな後先考えねーなって感じだからこその話だけどホダカは好き嫌い別れるだろうな
瀧君はスーパーイケメンで笑った

: ポンポコ名無しさん
花澤綾音ねワロタ

: ポンポコ名無しさん
新海ほんとざーさん好きだなw
皆勤じゃねえか

: ポンポコ名無しさん
泣けたわけじゃないけど胸に刺さる何かがあった

: ポンポコ名無しさん
最後街を水没させたのは今ある風景がずっと続くわけではないよと言いたいんだろうね
街の姿は変わっても人は対応して強く生きていけるだろう
今後起こるであろう首都直下や南海トラフ地震後の日本を念頭に置いた感じかね

: ポンポコ名無しさん
>>
災害より社会風刺だと思った。水没されるくらいしないと今の個人を潰す社会はリセットできない、とか

: ポンポコ名無しさん
瀧くんの登場シーン笑ったわ

: ポンポコ名無しさん
>>
さらっと出て来て草
新海作品って世界観同じで同一人物なんかな?

: ポンポコ名無しさん
>>
君縄でも言の葉のキャラが出てたし

: ポンポコ名無しさん
やはり雲の別ENDだったか。雲ではセカイの代わりにヒロインを失った
同じ深海作品で雲と同じことをやってもおもしろくないから個人的には楽しめた

こんなご時世だしエンターテイメントだから世界より個人を取るくらいやってもいい
細かいところが綺麗なご都合主義とか投げっぱなしなのはあいかわらずだけどw

: ポンポコ名無しさん
パンフレット読んだ
現代日本で大人に搾取されていく、貧しい少年少女に観てもらうことを意識したのか
だからよくあるハッピーエンドじゃなくて、自分のためなら世界が狂ったてOKなラストになったと
よく考えられてるわ

: ポンポコ名無しさん
世界の形を変えるっていうのは世界主導から自分たち主導に変えるって言うこと
認知の仕方で世界の見え方が変わる
理不尽なことは世の中に溢れているがそれを自分のものとして向き合いその中で幸せを築いていって欲しいということ

: ポンポコ名無しさん
別に水没も主人公達がわざと引き起こしたわけじゃなくて何もしなくても既にそうなってしまってた世界だからな
一人犠牲になれば晴れを取り戻せるけど犠牲にはさせなかったと
それを他人がお前が犠牲になれば俺たち助かるんだから何で死なねーんだよお前のせいだなんて言えるのか?ってね

: ポンポコ名無しさん
別に破壊はしてないよな主人公達は
既に破壊されてた世界を積極的に自己犠牲してまでも救わなかっただけで

: ポンポコ名無しさん
>>
そういうこと

だからある意味、まだ頑張れる

: ポンポコ名無しさん
水没って言葉が一人歩きしすぎてる気がするね

死者だらけの絶望の水没っていうより
色々あるけど、新たな世界と向き合うって感覚に近いかと

: ポンポコ名無しさん
新海さんのセカイ系では一番好きかもしれない

: ポンポコ名無しさん
東京が壊滅的になってたのは逆に良かった
完璧なハッピーエンドじゃないとこが○

: ポンポコ名無しさん
明日もう一回見よう
よかったわー


引用元http://www.2ch.sc/
――――――――――――――――――――――――――

ponpokonwes

実は鑑賞したのがもう2ヶ月近く前でして……。
夏で身体がボロボロになる例年通りの不調に依り
記事を作るに作れないでいたのですよ。
今でも良くはないですが、一応下げ止まったので記事作成。
あとは、一つ前の映画感想記事でも書いた
勝手な約束事を守るためにも、ですね。
せめて観た分の劇場公開作品について感想をと。
約束は守らなければいけない。
守られなければいけない、絶対に。
但し、コメントは意識的に短く……。

映像は特に雨から訴求力を感じました。
過去の色んな記事で書いていることだけれど
私的趣味として、元から雨というものが好きなのです。
創作物に於けるファクターとしても、表現のモチーフとしても
月に次ぐか、作品次第で並ぶかも知れないぐらいには好き。
そんな雨が驚異にも境界線にもなるお話でしたね。

少年上京物語な序盤。
帆高はもっと何か特別な、重めの過去を背負って
仕方なく田舎を飛び出したのかと想っていたから
終盤の故郷へ帰った後の様子は少し肩透かし。
ですが、作品全体を考えると寧ろ其処こそ良い塩梅と言えましょう。
“特別じゃない少年が世界に対しての選択をした”という事が肝要。

反応として過去作、中でも直近の作品であり過去最高のヒット作
「君の名は。」と比較されがちの印象を受けます。
それ自体は不思議ではないのだけれど
商業的な成果は兎も角、作品としては引けを取らないと言いましょうか
率直に、素直に、想っていたよりずっと良かったです。

これまで何度か言及したことがあるように
全ての新海誠監督作品を観た上で
私が先ず注目するのは美術職人・新海誠の仕事なので
上述の雨の表現、これで合格点は確実と言えます。

物語性としても、所謂セカイ系の要素は過去作にもある中で
今回の帆高の選択は監督として「昔は選ばなかった答え」に感じました。
そういう意味では間違いなく進行形の感触があって嬉しかったですね。
前情報は可能な限り排して鑑賞に臨んだけれど
賛否両論の結末という事は公開前から伝え聞いていたので
どうなるかと多少は身構えもしましたが
とてもしっくりくるものでした。

陽菜の犠牲で雨を止めるという選択をしなかったこと。
これをエゴや身勝手とは言いたくないですね。
いえいえ、感性の話ではなく物語上の情報の話として。
というのも、別に2人が、或いは1人ずつでも
帆高や陽菜の所為で世界が狂った訳でも
止まらない雨が降り出した訳でもないからです。
元凶、若しくは起点や要因とも言えない。
既に世界が狂っていて、それを世界の為に
世界に生きるその他大勢の為に
己を、愛する人を犠牲にするかどうかという局面なので
帆高の選択を責めるのは無理筋なのですよ。

世界の為に死んで消えて犠牲となれ
そう迫ることは出来ない、許されないわ。
何故なら陽菜も帆高も、その救われる世界の一部だから。
陽菜を犠牲にするというなら
それは『本来なら世界が救われるべきだ』という主張。
その為にその救われるべき世界の一部である彼女や彼が犠牲になるなら
世界が救われたとは言い難い。
原因も責任も彼等に無い以上は、払う必要のない犠牲です。
これが社会というなら多少の違いが出てきますが、根本は相違ない。
犠牲になる謂れが無い犠牲で救われることを求めるなら
それがどうしても必要だというのであれば
やはり、既に狂っている。

彼女の存在が、彼の心が、2人が犠牲になれば済むと迫るなら
2人の世界を誰が守って救ってくれるのかと。
ここで帆高は嘘をつかず、走って、飛び込んで、その手を離さず
最後には陽菜を取り戻せた。
帆高の選択と結末には拍手だわ。

あぁ、本当はもっと本編について語りたいし
カメオ出演した過去作キャラとか
急に放り込まれたプリキュアとか
花澤香菜✕佐倉綾音でそのキャラ名とか趣味全開なのねとか
諸々いっぱい深堀りしたいのだけれど
この記事自体がある種のイレギュラーで作ったので
今はもう眼の限界。
既に大幅な予定超過だから自省しつつ、此処まで。

また別の機会があれば、その都度その時に適した形で語りませう。

なにはともあれ、映画作品としては「たしかなまんぞく」なのです。
彩りや方向性としても、「君の名は。」より好みと言えるほどでした。
いつか来る新作にもこれで期待が持てるというもの。
また劇場へ足を運ぶのです。
(その時があれば今度はもっと早く記事が作れたら……。)
(いや、無理をすると本当に何もかも破綻するから今はこれでまあいいじゃん)