「彼方のアストラ」

1: ポンポコ名無しさん
  
no title








2: ポンポコ名無しさん
>>1
いい作者だな

193: ポンポコ名無しさん
>>1
週刊連載の少年誌でハードSF張りの説明入れてたら人気下がっちゃうもんな

4: ポンポコ名無しさん
少年漫画としてはちょうど良いくらいの味付け

9: ポンポコ名無しさん
昔からヤマトはSFか?ガンダムはSFか?論争あったよな。

11: ポンポコ名無しさん
SFは見る人の基準でいろいろだからな
このアニメは見てないので何とも言えんけど

12: ポンポコ名無しさん
SFがラブコメじゃだめな理由を言ってないな

14: ポンポコ名無しさん
SFじゃないって言う奴はまずそのテクノロジーを実際に作って証明したらいいんじゃないかな

15: ポンポコ名無しさん
ようわからんが自分の漫画にこのコピペみたいなことやられたってことか?

ダメだ・・・もう我慢の限界・・・

もうね、物理学をやってる自分には馬鹿馬鹿しくて観てられないのね・・・
文系とか高卒の人達には楽しめるかも知れないけど、自分は無理・・・

っつーことで退散しますわw あとは文系の諸君だけでやってくれやノシ

18: ポンポコ名無しさん
サイエンス・フレーバーと思えばいいだけの話。

19: ポンポコ名無しさん
漫画やアニメを無理して考察する奴ってキモチワルイよね
エヴァやアップルシードとか

35: ポンポコ名無しさん
>>19
俺は考察自体は普通の人間的な行動だと思う、言論に多様性があるようなもの
キモいのはその考察から外れてるからといって叩き始める連中だ
妄想は自由だが勝手な仮定の上に築いた論理を他人に押しつけるなよ

20: ポンポコ名無しさん
この件については硬派SF原理主義者の敗北って流れになってただろが

23: ポンポコ名無しさん
SFバカなんか金出さないくせにうるせえのばっかだからな
相手にするだけ時間の無駄

24: ポンポコ名無しさん
フィクションにリアルさを求める奴ってやっぱ頭おかしいんだなって
その作者がリアル志向で行くとかいってるなら別だけど

28: ポンポコ名無しさん
作品なんか作者のご都合主義と読み手の需要で出来てんだからおもしろければ何でもええやろ
所詮架空の物なんだから

29: ポンポコ名無しさん
彼方のアストラのどこがSFじゃないとケチ付けられてるのか誰か解説して

39: ポンポコ名無しさん
昔からSFか否かってしょうもない論争をずっとしてるよな…
もう半世紀近いんじゃないの

41: ポンポコ名無しさん
SFオタ「宇宙は真空なんだし爆発音もビームの音もしないですよね?」
ジョージルーカス 
no title

201: ポンポコ名無しさん
>>41
すげえwww

53: ポンポコ名無しさん
>>41
かっけぇなw

64: ポンポコ名無しさん
>>41
俺の宇宙というパワーワードほんとすこ

65: ポンポコ名無しさん
>>41
かっこいい

116: ポンポコ名無しさん
>>41
◯×警察には全てこれで対処すればいい
娯楽作品に理屈を持ち込むバカは死ねばいい

46: ポンポコ名無しさん
「俺はSFいっぱい見てきて一家言あるんだぞ」おじさんの相手なんかしなくていいのに

45: ポンポコ名無しさん
子供向け作品にイチャモン付けてたキチガイだったってことか

48: ポンポコ名無しさん
SFオタクと推理小説オタクって、どっちも自分は人より賢いと思ってるようなうざい連中じゃん
そういうのはなるべく相手にしないほうがええねん

56: ポンポコ名無しさん
アオイホノオでもSF大会で映像の類はSFじゃないって奴らをギャフンと言わせたいとか言ってたからな
スターウォーズはSFではないみたいな意見が多い時代

243: ポンポコ名無しさん
>>56
アホかいな…SF小説ってもともと映像と親和性がめちゃくちゃ高いものなのに…

59: ポンポコ名無しさん
創作物なんて全部嘘なんだから
快く騙されて、それを許容できるなら楽しめばいいし

ここおかしいんじゃね?とか気になるなら遠ざけて見なかったことにすればいい

おかしいと指摘してマウント取ろうとする人は承認欲求が満たされてない哀れな人なんだな、と生暖かく見守ってあげればいい

66: ポンポコ名無しさん
伏線がちゃんと意図的に張りめぐらされてて読み応えあって好きだよ
スケットダンスのシリアス回をSFっぽく大長編で描いた感じ
5巻で終わるし読みやすくておすすめ

70: ポンポコ名無しさん
ジャンルに拘ってる奴って間違いなくキチガイだわ
好きなタイプの傾向を説明する時に『SF』って言うならわかるけど
これがSFかどうかなんてなんの意味ももたないだろ
『SF』と銘打たれたら絶対に関わらないと気が済まない病気でも患ってんの?

73: ポンポコ名無しさん
GLAYはロックかJポップか
と同じレベルの論争だな
ジャンルをどう言おうが聴こえる音は変わらないのと同じ
ジャンルにプライド持ってる一般人はキチガイ

74: ポンポコ名無しさん
ファイナルファンタジーの最新作見るたびに
これファンタジーじゃねえと言い出すようなもんか

77: ポンポコ名無しさん
アニメ見てるけど細谷は上手いなあ

86: ポンポコ名無しさん
マンガの方しか知らんが古き良き時代の少年漫画って感じで良かったよ

92: ポンポコ名無しさん
こんなのはSFじゃない!
ハードSFにハマるとこれを言うビョーキになったりすんだよなぁ
俺もむかし発病してたわw

100: ポンポコ名無しさん
有名なSF作品でも科学的に言ったらおかしなことばかりだろ

106: ポンポコ名無しさん
SFはエンターテイメントなんだからそういう解釈もあるのかと寛大な気持ちで見たほうが面白いのに

111: ポンポコ名無しさん
SFマンガに科学的考察するのは好きにやればいいとして
「SF考証が間違ってる、ゆえに糞だ」って結論になるのは流石に狭量すぎる
SF考証の正しい作品が必ずしも名作でないのと同様に、SF考証が間違っていても名作は存在する。

113: ポンポコ名無しさん
大人な返しだな

114: ポンポコ名無しさん
逆に万人が納得するSFアニメって何があるの?

115: ポンポコ名無しさん
>>114
ない
必ず凸するこどおじがいるらしい

120: ポンポコ名無しさん
フィクションだって言ってるのに設定がおかしいとか言ってるやつがいるってこと?
ばかだろw

130: ポンポコ名無しさん
煽りに煽りで返さない所で興味もってアマプラで見てみたが、
少年漫画の骨頂はあるし結構楽しんだわ
SFというより冒険活劇だな

132: ポンポコ名無しさん
目指してるんのは地球じゃない。ってところはびっくりした

131: ポンポコ名無しさん
ある漫画で、ガンダムのSF部分を完璧に矛盾なくしたらそれは面白いか?ってこと言ってたのがよくわかる

136: ポンポコ名無しさん
好きな作品の設定がしっかりしてると嬉しく感じる、そういう意味じゃ俺も理屈厨の端くれだけど
設定が適当なら適当なりに楽しむわ

160: ポンポコ名無しさん
SF=すこしふしぎ

161: ポンポコ名無しさん
いちいち突っ込んでいたら楽しめるモンも楽しめなくなるだろ
スターウォーズやスタートレックほか宇宙モンなんか突っ込みだしたら止まらないだろ
ほどほどにしておけよ

170: ポンポコ名無しさん
揚げ足取りする奴はレンズマン見ても文句を言うわ

174: ポンポコ名無しさん
よくわからんが、SFじゃねえ派は俺の宇宙知識を聞かせてやる!って自称博識君が自慢したいだけなんじゃないの?

175: ポンポコ名無しさん
彼方のアストラは、今期 1番か2番程度に面白いだろ、何言ってんだ?

182: ポンポコ名無しさん
今週の最終話は初回と同じく1hスペシャルだぞ
実質全14話みたいなもんだ、気合い入ってる

彼方のアストラ


188: ポンポコ名無しさん
アニメ組でネタバレ食らわずに最後まで見れたのがどのくらいいるのか気になるわ
序盤は普通につまらんから切った奴も多そうだしな

194: ポンポコ名無しさん
>>188
原作読んでないけど最後まで来たよ
確かに序盤はちょっとかったるかった

209: ポンポコ名無しさん
>>194
原作既読者のネタバレ食らわなかった?
今の環境だとすぐネタバレ食らうからああいう一発のどんでん返しは難しいなって思うわ

218: ポンポコ名無しさん
>>209
大体そういうことするのはアンチだしな
ファンなら新規の楽しみ奪うようなことはしない

196: ポンポコ名無しさん
ギャグ描写も恋愛描写もミステリー描写も存分にある中で
唯一足りてないのがSF部分の科学的考証だけという
それでも充分過ぎるくらい面白かったぞアストラ

197: ポンポコ名無しさん
なんで過去形?

198: ポンポコ名無しさん
>>197
漫画は一昨年終わってるし

202: ポンポコ名無しさん
昔読んでたラノベの作者公式HPの掲示板で検証勢が大量に沸いてて、作者が律義に返してて大変だなって思った
結局、そのラノベは未完のままエタったが13年して復帰したけど結局またエタってる

現代物理学とかわかってないことだらけなのに、それにむりやり創作物語の中にあてはめようだなんて無理がないかい?っていつも思う
SFなんてワープやら光速航行やらバンバンでてくるのに、何を検証できるの?

205: ポンポコ名無しさん
漫画しか読んでないけど、テンポよくて面白かったけどな
こんな感じのお話にリアル求める方がどうかしてる。
ディズニーに行ってミッキーの前で「人はいってますよね?」とかいうくらいの馬鹿

210: ポンポコ名無しさん
そもそも宇宙学園ラブコメの何が悪いのか?
味付け程度のSFが入っているのは当たり前なんだが

216: ポンポコ名無しさん
あ~あ反論しちゃったかと思ったら大人だな









219: ポンポコ名無しさん
ドラゴンボールを格闘技漫画として読む奴はいねえだろ、って話しだな

231: ポンポコ名無しさん
サイエンスフィクションのサイエンスにムキになりすぎたらアカンわな
フィクションなんだからそこを楽しめばいいのに

233: ポンポコ名無しさん
タイムマシンもワープも無茶苦茶な設定だけど
面白いから良いんだよ




引用元http://www.2ch.sc/
――――――――――――――――――――――――――

ponpokonwes

先ず、私はこのサイトを始める前から考えていることで
色んな記事に同様の弁を述べていますが
リアル=リアリティ、でもない。
リアル=現実と相違ない、でもない。
創作物で必要なのはリアリティであり
そのリアリティとはとどのつまり“説得力”なのです。
更にその核心は「面白ければ何でもいい」なのです。

これは引き合いに出されたジャンルのラブコメでもSFでも同じ。
登場人物の発言や心理描写で違和感を覚えれば
SFでなくても感覚的に作品へ追いつけなくなります。

具体的に語れば初年漫画に於ける主人公とヒロイン
少女漫画に於ける主人公とヒーロー、どちらでも
「私、こんな人を好きにならないわ……。」と想ってしまえば
それはもう、どうしようもないのです。

例えばある少年漫画、解り易く丁度ジャンプ漫画なのだけれど
それまでとても魅力的だったヒロインキャラだったはずが
主人公の男性キャラの理解し難い言動を肯定され続けると
寧ろ、そんな男性キャラを好きになる感性に首を傾げることになる。

でも、それは私に合わないという話なのですよ。
私が作品から距離を置けば済み終わる話なのです。
どのジャンル、どの作品でも絶対に変わらないこと。
ここで、作品を責めたり作者を責めたりするようなら筋違い。
娯楽は完成して提供された時点で消費者、ユーザーの物だから。
それを選ぶのはいつだって読む側、観る側、楽しむ側なのです。
無数にある創作物の中で、好まない物に固執するなんて生産性皆無。
当然、そんな偏った方がマジョリティな訳もなく
いつだって作品を楽しむ側の方が多い。
ただ、昨今は情報の拡散速度だけ発達した所為で
履き違えが浸透して勘違いを生む流れが辟易するほど多いから
こうして作者側が姿勢を明らかにすることも
状況次第で必要なのかも知れませんね。

閑話休題。
私はジャンルとしてのSFを好むと過去の色んな記事で明言しているように
小説でも漫画でも相当数を読み
実写映画もアニメも含め映像作品でも相当数を観ています。
その上で、こういった議論は
厳しい物言いをすれば「呆れる」の一言に尽きてしまいそうになる。

でも、それではあまりに寂しいから語りませう。

過去記事で言えば、読書そのものを語った際と本質は似ているのですよ。
一定以上の数を読めばジャンルやカテゴリに貴賤がないと知る。
本当に、嫌でも思い知ることになるのですよ。これは間違いなく。

どういうことかと言えば、有名無名に関わらず
初めて触れた物を特別だと想うのは往々にしてあることだけれど
年代としてそれ以前に書かれた作品に独創性があったり
また、過去の作品と同じ様な設定でも発想の洗練さで如実に差があったり
数を読めば“なにか”で一括にするのがどれ程に愚かなことか知る。

逆に言えば、其処に至ること無く自分の信じる理想の“なにか”だけで
それのみでジャンルやカテゴリを規定出来てしまえるなら
触れた作品の絶対数が多くないと言える。
新しいものを知ることで知識も感性も更新されていくのが普通だから。
止まったままで居られるということは、それ以外を知らないままということ。
別にそれが悪だという話ではありません。
寧ろ、作品への評価という意味なら
個人の感性以外を頼りにするべきではないと想います。

問題が在るとすれば、主語が際限なく大きくなる方です。
それこそ、僕の宇宙では音がするスタンスの真逆。
『自分の思い描く宇宙では音がしないから音がする作品は認めない』
別に創作者でも何でも無いのに、こういうスタンスをとる方。
そうなれば如何に視野狭窄かを喧伝するだけになってしまう。
個人が消費者として勝手に何かを選ぶ基準を其処に置くなら兎も角
『音がする作品は不出来で駄作でそれはSFじゃないし高評価されるのも許さない』
これはもう、話の中身が創作物と趣味人でもSF愛好でもなく
自己主張が趣味で自己愛が強い騒々しい方なので、相容れない。
その他大勢の読者・視聴者と同じ土俵で作品の話をしている訳ではなくなるからです。
個人の感情のやり場をどうするかという話なので、噛み合わない。
音がする作品もある、音がしない作品もある、それだけなのに。

振り返って、名作と呼ばれる多くの作品も重箱の隅をつつけばキリがない。
絶対に文句が付けられない作品なんてありはしないのです。
此処で上述したことに帰結する。
楽しめる物を自分で選ぶのです。
合わない物に固執するのは何もプラスがないのです。

まぁ、こういう議論で作品を攻撃する側が出すSFとしての科学考証って
根本的に材料に足らないものばかりなので
そもそも本当にどうしようもないのですけれどね。
だって、論理の下支えが『〇〇の場合は✕✕になるはずなのに』という時に
その〇〇も結果である✕✕も、別のSF作品固有設定だったりする事が多すぎる。
ファンタジーで言えば
『炎魔法を使う時はこの詠唱をするはずなのにしなかった』ぐらいの話。
当該作品ではそうなのでしょう。でも違う作品では、違うのです。
そういう意味でも、やはり一定以上の数に触れているかどうか
その一つ一つを理解して楽しめているかどうか
この辺りが根幹にある個々の差異なのでしょうね。
ある特定の作品が全てだと傾倒するのも娯楽の楽しみ方の一つだけれど
現実はその通りにならないのだから、狭量ではなく客観性が欲しいところ。

というか、どのジャンル・カテゴリでも駄目なら駄目で
その理由はいつだって自分の方にこそ、自分にのみ在るから
何かに難癖を叩きつける方の暴挙を知る度に
「物を選ぶ判断ぐらい御自分でなさっては?」と想ってしまうデスよ私。
創作物ごとの違いというのは責めるポイントではなく
新しい楽しみが増えたということだから。
その中で自分に合う物を選ぶのは自分の責任。
選べないのは創作者側の問題ではないのです。

検めて、普段ならこういう話題は意識的に取り上げないようにしています。
私の作る箱庭を楽しんで下さる皆様も
楽しむため娯楽に触れるという当たり前を備えられていると想うから。
でもでも、妙に騒がしくなる前に火種の処理が済んだ話だと判断したので
変に引っ掛かったままにするより記事にしてみようかしらと考えて今です。
私は一応SF趣味人を自称していますが
考えてのめり込む作品も細かいことは置いておいて感覚で浸る作品も
色んな物に触れて今に至るので、これからも硬軟どんな物も楽しみたいわ。
当然、SF以外のジャンルでも同じスタンス。
個別の評価がどの様に変化したとしても
娯楽に対しての姿勢はブレないように心掛けています。

さぁ、折角の最終回1時間SP。
存分に楽しみませう。

【Blu-ray】
彼方のアストラ Blu-ray BOX 上巻

彼方のアストラ Blu-ray BOX 下巻
【Amazon限定特典付きBlu-ray】

【Amazon.co.jp限定】彼方のアストラ Blu-ray BOX 上巻 ( 早期予約特典:アニメ描き下ろしイラスト使用「アリエスのA3スペシャルイラストボード」付 ) ( 全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用B2布ポスター引換シリアルコード付 )

【Amazon.co.jp限定】彼方のアストラ Blu-ray BOX 下巻 ( 全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用B2布ポスター引換シリアルコード付 )
【原作Kindle版】

彼方のアストラ 1 (DIGITAL)

彼方のアストラ 2 (DIGITAL)

彼方のアストラ 3 (DIGITAL)

彼方のアストラ 4 (DIGITAL)

彼方のアストラ 5 (DIGITAL)
【原作コミック紙の本】
彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックス)

彼方のアストラ 2 (ジャンプコミックス)

彼方のアストラ 3 (ジャンプコミックス)

彼方のアストラ 4 (ジャンプコミックス)

彼方のアストラ 5 (ジャンプコミックス)

【関連CD】