「どろろ」第24話(最終回)感想 (75)



「どろろ」第二十四話(最終回)『どろろと百鬼丸』感想




「どろろ」第24話(最終回)感想 (3)「どろろ」第24話(最終回)感想 (4)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (5)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (7)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (8)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (9)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (10)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (11)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (13)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (14)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (15)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (16)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (18)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (26)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (28)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (34)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (35)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (38)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (41)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (49)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (51)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (53)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (54)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (57)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (59)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (64)















863: ポンポコ名無しさん
最高だった…わんわん泣いたわ

859: ポンポコ名無しさん
百鬼丸は刀を持たず旅立ったな
もう妖怪退治はしない
人として生きる道を模索しに行った

809: ポンポコ名無しさん
未完の名作がアニメで完結した
何も言うことはない
「どろろ」第24話(最終回)感想 (72)

どろろかわいかった

810: ポンポコ名無しさん
喪失感がすごい

688: ポンポコ名無しさん
離別ENDかー

689: ポンポコ名無しさん
最後は大きくなったどろろと再会したんだろ
あにきも大人になってたし
「どろろ」第24話(最終回)感想 (71)

694: ポンポコ名無しさん
なるほど確かに曖昧だ
おもしろかった
ラストのあれは再会したってことにしとく

691: ポンポコ名無しさん
半年見続けて良かった
最高だった

698: ポンポコ名無しさん
虫プロ版ではあっさり死んだ多宝丸を
よく脚色したと思うわ。
「どろろ」第24話(最終回)感想 (23)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (24)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (25)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (36)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (48)

700: ポンポコ名無しさん
兼光の結末は良かったな
てっきり戦のドサクサで死んで終わりかと思ってたけど
百鬼丸に情けをかけてもらって悔やみながら生きていく方が何倍も辛いもだろうけど

705: ポンポコ名無しさん
本当に面白かった
半年の間ありがとう
「どろろ」第24話(最終回)感想 (46)

717: ポンポコ名無しさん
多宝丸・寿海・ママン 死亡
どろろ・百鬼丸 数年後再会
影光 死んだ方がマシな奴は敢えて殺さない方針が適応

まずまずな終わり方

718: ポンポコ名無しさん
エンカの2ショット可愛かったな
念願のまんじゅうだろうか

738: ポンポコ名無しさん
いや、おにぎりだった
米は大事だな
「どろろ」第24話(最終回)感想 (77)

720: ポンポコ名無しさん
大人どろろ母ちゃんクリソツ

721: ポンポコ名無しさん
どろろじゅうろくちゃいなのよさ

722: ポンポコ名無しさん
縫の最期は予想の範疇だったがそこに寿海までいるとは・・・死に場所でも探してたのか
概ね満足な2クール、スタッフ関係者一同お疲れ様でした、成長したどろろは可愛かった

724: ポンポコ名無しさん
個人的にはあの終わり方で良かったと思う。変に二人で旅するよりも。再開したのは3~4年後ってとこかな?
「どろろ」第24話(最終回)感想 (73)

729: ポンポコ名無しさん
面白かった
もう見れないなんて淋しい

731: ポンポコ名無しさん
最後は舞台版とほぼ同じだったな
あっちはちゃんとどろろと再会したような描写で終わったからアニメもそうだと信じるわ

739: ポンポコ名無しさん
多宝丸はやっぱりいい子だった
最後はママンと一緒で良かったね
寿海ママは最後に本当に人を生かすことが出来て死ぬことが出来たんだね
腕や足ではなく人の心を仏像という形で百鬼丸に与えられた
 
「どろろ」第24話(最終回)感想 (43)

 光景は生き地獄か
鬼神はラスボスの割にあまりにも弱すぎた
最初に仏像に自分の分を横取りされただけはある

757: ポンポコ名無しさん
EDのせいで最後までせっかく取り戻した腕も結局失うことになるんじゃないかとビクビクしてたわ
全部取り戻したまま終わってとりあえずは一安心

767: ポンポコ名無しさん
あの時鬼神に祈らなれば嫡男として百鬼丸を育てられてれば
多宝丸も一緒に豊かな国を治められたかも知れないと自覚して景光生き地獄だねえ
「どろろ」第24話(最終回)感想 (67)

781: ポンポコ名無しさん
やっぱ靖子は神だわ

783: ポンポコ名無しさん
景光と百鬼丸の対話が良かったな…
兄貴の成長も景光の悔恨も感じられて、まさにここが到達点だなと

784: ポンポコ名無しさん
景光は生き地獄をこれから味わうんだなって思った
「どろろ」第24話(最終回)感想 (66)

797: ポンポコ名無しさん
やっぱり景光みたいな自信家タイプは
敗北感を味わわせて生かしておく方が報いになるな

786: ポンポコ名無しさん
終わってしまった…寂しいな
多宝丸も母上も最後は可哀想になってしまったよ
寿海は自分の役目は終わったと思ったのかもしれないけどやっぱり生きてほしかったよ

792: ポンポコ名無しさん
成長したどろろと百鬼丸の再開ストーリーを2期でやってくれ

796: ポンポコ名無しさん
寿海は生きる屍だったのが百鬼丸に救われ生かされた
今度は百鬼丸を救いたかったんだろう
「どろろ」第24話(最終回)感想 (50)

745: ポンポコ名無しさん
最後に百鬼丸の笑った顔が良かったな

833: ポンポコ名無しさん
まさか見れるとは思わなんだ
見たいもの全部見せてくれた気がするわ

811: ポンポコ名無しさん
最後のどろろがめっちゃみおに見えたわ
中にはおっかちゃんそっくり!って人もいるけど
どちらとも解釈できるようにしたのかね

832: ポンポコ名無しさん
本編どろろが4~5歳なんだから10年くらい経過してる感ある
百鬼丸25歳位か

808: ポンポコ名無しさん
no title
 
no title

no title

819: ポンポコ名無しさん
>>808
何年後だろうな
3~4年は経ってそう

822: ポンポコ名無しさん
>>819
5年以上経ってるようにみえる

835: ポンポコ名無しさん
>>808
百鬼丸から百様にジョブチェンジ

836: ポンポコ名無しさん
百鬼丸の髪がほどける演出良かった
体コンプして生まれ直したのを象徴してた気がする
「どろろ」第24話(最終回)感想 (37)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (40)

845: ポンポコ名無しさん
百鬼丸は鬼神が指名で欲しがるほどの強い魂を持った存在だったわけで
影光が百鬼丸を生贄としなかったら、名君たる領主に育っている可能性大で
鬼神になぞ頼らない国を作り上げたかもしれないんだよね
その事に全てを失って、自分が犯した罪で国の希望を潰し、醍醐を滅ぼしたのは
結局は領主の過ちって事実を突きつけられたわけで
自分は間違っていなかったという信念までへし折られて生き恥影光まじザマァ

874: ポンポコ名無しさん
旅を続けたら百鬼丸も今のような性格ではなくなるし、どろろは女の子になる
それはもう「どろろ」ではないと言ってるから
成長したその後の二人は視聴者の想像にお任せしますってことかな
「どろろ」第24話(最終回)感想 (55)

886: ポンポコ名無しさん
>>874
俺はそれでいいと思う
後日譚、前日譚、枝葉つけて別ルート、昨今はいろいろ盛りすぎw
お話は刹那だからこそかけがえがないと感じる

894: ポンポコ名無しさん
多宝丸はまだ人生を歩めたんじゃないかとは思ったけど
もう鬼神に蝕まれてダメだったんだろうな
「どろろ」第24話(最終回)感想 (31)

895: ポンポコ名無しさん
もっと見たいな
琵琶丸の侍設定とか景光のその後とか成長したどろろとか
続編作れそうなもんだが

899: ポンポコ名無しさん
百鬼丸が旅立つ時に種籾も一緒に持って行ってたから
最後の稲穂の中に立ってる百鬼丸=どろろの所に帰ってきて種籾を植えた結果と解釈した
「どろろ」第24話(最終回)感想

904: ポンポコ名無しさん
靖子を信じて良かった
原作より遥かにいいんじゃないかな

906: ポンポコ名無しさん
サブタイ「どろろと百鬼丸」は
ここからそれぞれが往く道ってことかな

911: ポンポコ名無しさん
菩薩像が百鬼丸が最後に見た縫の姿に似てたから景光の所に置いてったのかも
「どろろ」第24話(最終回)感想 (44)
「どろろ」第24話(最終回)感想 (69)

919: ポンポコ名無しさん
ラストに数年後再開シーンあるし「君の名は」より再開確約でいいと思う
この手の終わり方は続きはあなたの心の中でパターンだから
それがもにょる人にはウケはよくないだろうな

987: ポンポコ名無しさん
どろろ村に移住したい

992: ポンポコ名無しさん
どろろ村は商売で喰ってく気なんかね
「どろろ」第24話(最終回)感想 (58)

993: ポンポコ名無しさん
なかなかよい終わり方だった。

994: ポンポコ名無しさん
少し寂しいけど希望の残る終わりかたで良かった
ラストの成長どろろちゃんと成長あにきが見目麗しすぎて拝みたい

171: ポンポコ名無しさん
良い終わり方だった
大人になったどろろが見たかったから満足

102: ポンポコ名無しさん
原作知らないけどでも面白かったわ
「どろろ」第24話(最終回)感想 (22)

思ってる事と反対の事言っちゃう村除けばずっとシリアスでしんどい旅だったなあしみじみ

91: ポンポコ名無しさん
バッドエンドじゃなくてよかった、それだけでも涙が溢れるわ
元凶である父親のみ生き残るエンドは心に残る、個人的には素晴らしい終わりだった

83: ポンポコ名無しさん
どろろに「すぐ戻る」と言っておいてそのまま失踪するようなアニキじゃないから
次の日でも数週間後でも数年後でもいいからどろろの元に帰ってきた、そうであると信じる
「どろろ」第24話(最終回)感想 (52)

66: ポンポコ名無しさん
円盤に天邪鬼回くらいのほのぼの特別編一話つけてくれないかなー
寂しい

53: ポンポコ名無しさん
景光だけ生き残ったというのが靖子らしいなと思った

52: ポンポコ名無しさん
寿海が縫を一目見ただけで百鬼丸の母親だと分かったのが凄く良かった
百鬼丸が多宝丸を斬ろうとして踏み留まったのが自分の大切な人達の姿で、刀を折った瞬間に見えるどろろの影がまたいい
「どろろ」第24話(最終回)感想 (33)

目が戻って苦しむ百鬼丸に、心配そうに「あ、あにうえ…」と声をかける多宝丸が切ない
そして百鬼丸が一番最初に見たのが、自分を愛して守りに来てくれた産みの母と育ての母の姿なの泣いた
景光を殺さず俺も人だからお前も人として生きろと諭したとこ超えらかったお前は殺さないと信じていた
百鬼丸が醍醐を救ってくれてたかもしれないと今更悔やむ景光ザマァ

好きなとこいっぱいある
「どろろ」第24話(最終回)感想 (21)

46: ポンポコ名無しさん
百鬼丸としてはさよならのつもりではなないから別れを告げてないんだろうが、
もうちょっと会話みたかった
ラストは再会シーンというより再会後のワンシーンに見えた

36: ポンポコ名無しさん
新アニメ、百鬼丸にとってはハッピーエンドだがどろろにとってはビターエンドに感じた
全方位ハッピーにしないのはさすが靖子にゃん
「どろろ」第24話(最終回)感想 (61)

35: ポンポコ名無しさん
1回観てから何度か巻き戻してじっくり観たよ
「演出によっても見る人によっても相当イメージが変わる話」ってのはマジだった、とくに最後?
個人的には二人は黄金の稲穂が実る橋の上で再会したと思っている
百鬼丸が自分一人で畑を耕したのかな?と妄想が尽きない

良い話だったよ、変にどろろと百鬼丸を男女にしてないし
過度なドラマチック演出にしないで自然な感じにしてるのが良かった

19: ポンポコ名無しさん
さよならを言ってない別れを告げてないっていうのが好きだな
いつでも再会できるんだよ

29: ポンポコ名無しさん
色々思うことはあるけどアニキ生きてて良かった。最後何分かで何か起こるんじゃないかソワソワしたわ。最終回の心の準備できてなくて、生きてさえいてくれたらいいと思ってたから概ね満足。
「どろろ」第24話(最終回)感想 (76)

45: ポンポコ名無しさん
ラストは数年後再会シーンのようにも日常的に会ってるシーンのようにも見える

699: ポンポコ名無しさん
>>45
自分もそう思った。再会シーンでなく数年後のふたりの日常シーンに見えた
あのあと百鬼丸はすぐ戻ってどろろとまた旅に出たんだろうね。いい終わり方だった。
欲を言えばどろろに綺麗というシーンはもっと丁寧にやってほしかったかも
舞台では丁寧に描いてたから。けどああいう場面でサラっと綺麗ってムードなく言ってしまうところが
あにきらしいと言えばあにきらしいね。それはそれでアリかな
二期希望。靖子は成長どろろと成長あにきは描きたくない。と言っていたがそれは少しわかるので
あのままの二人の旅路をまた描いてほしい

成長してしまったら今度こそ本当の完結みたいで怖いのだよ。
どろろは未完の名作。永遠のアニメでいてほしい

107: ポンポコ名無しさん
個人的には今期アニメNo.1


引用元http://www.2ch.sc/ ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ponpokonwes

やっと記事が作れたわぁ。
諸々限界に近いけれど少しだけ追記予定なので追々。


以下追記。
今期に入る前から続く更新不安定への対応で
春先から色んな記事の作成が頓挫していましたが
今週に入って漸く少しだけ調整がとれるようになったので
再開、ギリギリ最終回に間に合いました。
以前から書いている通り私がどれだけ楽しめているかに関係なく
体調や状況に左右されるのでどうか御容赦あそばせ。

閑話休題。
初回から本当にずっと面白かったです。
実質未完の作品だから
メディアミックス展開する度に扱いの違う本作。
残酷な部分も現代の技術で見応え在るスタイリッシュな映像化。
作品性の理解を感じられるアニメ化が成されて
原作を知らない人からも、元々原作を読んでいる人からも
広く多くの支持を得られ最後まで好評だったのも納得ですね。

終盤までもいつどんな悲劇が起こるかハラハラしていたけれど
どろろが拐われてからは再会してハッピーエンド?と匂わせておいて
ミドロ号に乗って人を斬り殺しながら進む百鬼丸。
ここで「あぁ、これは良くてメリーバッドエンド?もうそれも無理?」と想わせられて
最終回でキッチリ区切りを付け展望を感じる離別エンドは拍手なのです。
何処からか流れ矢が飛んできて首に刺さってもおかしくない作風だから
本当に最後の最後まで目が離せず、観終わった時にはホッとしました。

アクション面では剣戟が華やかで鮮烈で
和風ダークファンタジーと時代劇の両面を損なわずお届けされた感触。

物語として、百鬼丸がずっと可哀想で
多宝丸トリオが鬼神の腕と眼を持って現れての決戦は
トリオにも死んで欲しくないけれど、百鬼丸の悲痛な叫びと
結果的に居直り強盗みたいな屁理屈を述べるトリオに
正論すぎるアニキ正論も相まって
どうか百鬼丸に身体を返してあげてと切なくなったわ。
多宝丸トリオ側がしっかりと時間を掛けて描写されてきたからこそ
3人がそれぞれ良いキャラに仕上がって来たからこその切なさですね。

それもこれも只管に醍醐景光の誤ちが元凶。
子供を鬼に喰わせ、その子供が生きていたと知れば
弟に兄を殺させるのもやむなしといった非道さ。
それも多宝丸を信用してというより
自分が育てた子供が自分の捨てた子供に負けるものかという
酷く歪んだ驕り高ぶりと自己肯定から。
息子も妻も喪い領主としても立場を失くし
そこで自分は最初から、少なくとも
子供を犠牲にして為政者たろうとした時点で器ではなかったと
遅きに失した気付きを得た。
彼を殺さないのもまた良し。
ずっと間違いを認めずに生きてきた卑怯者が逃げ場なく現実を認めた。
百鬼丸が身も心も生まれ直したのと対照的に
醍醐景光は贖罪の道を進みマイナスをゼロにするための人生を歩き出す。
其れはどうやっても取り返しがつかない事を
やはり取り返しがつかないと確かめるだけの惨い時間かも知れないですが
醍醐景光という人物にとっては殺されて被害者になれないことこそ処断。
国を盛りたて護るという名目で他者を犠牲にして踏み躙ってきた男の扱いとして
丁度よい着地点と言えるかも知れません。

離別エンドではありますが成長した2人を最後に観せて貰えたことで
ラストの後には快い視聴感に包まれました。
待っているのか、追いかけるのか、どちらにしても
きっと2人はまた会えるのだと信じられる締め方で満足。

原作モノですが要所がオリジナルストーリーで進行したのもあって
2クールどっぷり没入できました。
ありがとうどろろと百鬼丸。ありがとう漫画の神様。