電撃文庫のライトノベル2019年5月分の新刊


電撃文庫のライトノベル
2019年5月分の新刊が予約受付開始!!


「ブギーポップ・オールマイティ ディジーがリジーを想うとき」上遠野 浩平/緒方 剛志

「ブギーポップ・オールマイティ ディジーがリジーを想うとき」
ブギーポップ・オールマイティ ディジーがリジーを想うとき (電撃文庫)

ブギーポップ最新刊! イマジネーターとの闘争、その裏にあった秘密とは。

“それなら、ぼくが君を殺してあげようか”

スプーキーEの死を探る合成人間ポリモーグは、
彼の傀儡だった少女・織機綺に出会う。

そこに忍びよるのは「イマジネーター」の残響で……
死にきれぬ記憶が、街を襲う。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


「やがて君になる 佐伯沙弥香について(2)」入間 人間/仲谷 鳰

やがて君になる 佐伯沙弥香について(2)
やがて君になる 佐伯沙弥香について(2) (電撃文庫)

『やがて君になる』外伝ノベライズ。 高校生となった沙弥香の恋は――。

もう人を好きになるなんてやめてしまおう。

中学時代に経験した手痛い失恋から、そう心に決めていた沙弥香。
しかし高校の入学式で初めて七海燈子の姿を見たその瞬間から、
どうしようもなく燈子に惹かれていく。
同じクラスになり、一緒に生徒会にも所属し、やがて親友と呼べる仲にもなった。

隣を歩み続ける中で、燈子の強さも弱さも知った。
燈子のすべてを見て、一層好きになっていく。
でも、だからこそ。沙弥香はどうしても「好き」を伝えられない。

待ちすぎて、恐れすぎて、一歩踏み出すことができなかった
沙弥香の迷い、後悔、喪失――。
人を好きになるということを知ったのは、『彼女』と出会ってからだった。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


「安達としまむら8」入間 人間, のん」

安達としまむら8
安達としまむら8 (電撃文庫)

恋人になった女子高生二人の修学旅行編。

高校二年生の十月は修学旅行の季節らしい。

となると班決めがあって、席を素早く立つ安達の姿が目に飛び込んで来る。
「なにかな足の速い安達」
「班は、一緒で」
「うん」
当然そうなるのだ。
ただ問題は、班を作るには五人必要ということだ。

安達の性格からして、二人きりじゃないと不満だろうし、どうしたものか。
意識して準備する物もないし、二泊三日の旅行で私服が必要なわけもなく。

流れるままに、ぱーっと、出たとこ勝負でいいかな。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


「東京×異世界戦争 自衛隊、異界生物を迎撃せよ」鷲宮 だいじん/daito

「絶対ナル孤独者5 ―液化者 The Liquidizer―」川原 礫/シメジ

「俺を好きなのはお前だけかよ(11)」駱駝/ブリキ

「魔王学院の不適合者4〈下〉 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」秋/しずま よしのり

「七つの魔剣が支配するIII」宇野 朴人/ミユキ ルリア

「三角の距離は限りないゼロ3」岬 鷺宮/Hiten

「悪魔の孤独と水銀糖の少女II」紅玉 いづき/ 赤岸K


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ponpokonwes
久々のラノベ新刊紹介記事となります。
本当はもっと早く作りたかったけれど
最近は色々と、本当に色々あって無理でした。

何で遅れても新刊紹介記事を作るのか……ですって?
例によって例の如く、決まっているじゃあないですか……。
愛してやまない上遠野浩平先生の新刊が出るからですよ!
先生の新刊が読める、これだけで眼を維持する理由になるわ。

他にも「やが君」の外伝続編もあったりで嬉しい。
先へ期待を持てる、それはとても良いこと、なのです




「東京×異世界戦争 自衛隊、異界生物を迎撃せよ」鷲宮 だいじん/daito

「絶対ナル孤独者5 ―液化者 The Liquidizer―」川原 礫/シメジ

「俺を好きなのはお前だけかよ(11)」駱駝/ブリキ

「魔王学院の不適合者4〈下〉 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」秋/しずま よしのり

「七つの魔剣が支配するIII」宇野 朴人/ミユキ ルリア

「三角の距離は限りないゼロ3」岬 鷺宮/Hiten

「悪魔の孤独と水銀糖の少女II」紅玉 いづき/ 赤岸K