鳥山明 絵

1: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 11:40:36.47
神から見て神ってどんだけ凄いんや・・・。
 




2: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 11:43:11.07
さす鳥

3: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 11:44:32.70
冨樫がここまで言うとはな

4: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 11:49:11.23
そりゃあねえ

47: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 20:01:34.86
あの天才が「神」とまで認めるって凄い事だよな

まあ実際DBが無ければ幽白もハンタも無かったろうし
鳥山から大きな影響を受けてる事は間違いないだろう

6: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 11:55:46.49
幽☆遊☆白書とか連載されてたとき
あーまた天下一武道会のパクリみたいな漫画やってるわって認識だったもん

201: ポンポコ名無しさん 2018/02/26(月) 00:59:09.61
>>6
いやあのころはジャンプでトーナメントやる傾向あったからだと思う
他の漫画もトーナメントだらけだっただろ

9: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 12:07:15.57
メルエムとかもろセルだもんな
メルエム

10: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 12:10:29.64
今の連載陣で一番年上なのは冨樫なんだっけ

14: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 12:21:58.80
>>10
唯一の50代だね

5: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 11:53:10.19
尾田じゃ一生言われそうにないな

41: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 19:46:58.57
>>5
すぐ尾田の名前を出すあたりお前は尾田好きとみた
ワンピース-001

13: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 12:21:12.28
ジャンプで一番バトル描写上手いの冨樫と鳥山だな
ワンピは初期は良かったが最近は見づらい
ナルトも体術減るし ブリーチは白い

16: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 12:26:16.51
>>13
ワンピースの書き込みすぎて余計に分からなくなってるは言うまでもないけど、
確かにナルトに関してもナルトはもともとストーリーよりシンプルな絵で
躍動感ある絵柄で売る漫画(だから色んなところからネタ引っ張ってきてるけど
面白く読める)でアクションシーンなら鳥山ほどじゃないにしろ鳥山の後釜になれたポジだったのに
途中から戦闘がインフレしすぎて体術とかの描写が減っていったのは残念だったな

ブリーチは読んでないから知らん

51: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 20:27:10.25
>>16
ナルトは体術の描写とかたしかにすごかったかも
まだリーが活躍してた頃が一番好きだったわ
努力の天才…
ロックリー 我愛羅

ロックリー

56: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 22:32:06.94
鳥山明って誰かのアシスタント経験あるの?
独学で最初からこんなに上手いの?

59: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 23:27:03.03
鳥山明は元々デザイナーだからある意味マイウェイな画力持ち
Drスランプの頃は新人が皆鳥山の真似をするから編集が苦労していたらしいね

42: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 19:48:42.94
岸本の冨樫絵評
no title

48: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 20:08:28.15
冨樫の荒木評

連載第一話で驚かされる作品は数多く存在する。
漫画家であり、ただの読者でもある私のそれには「なるほどそういうアプローチもあったか!」
という感嘆と、「すげえ!!これなら絶対面白くなるぞ」という期待が入り混じる。
冷たい感動と熱い感動が同時になだれこんでくるような不思議な感覚である。
だが連載の途中で何度も初回級の、あるいはそれ以上の衝撃を与えてくれる作品となると非常に稀だ。
皆無に近い。
『ジョジョ』とはそういうマンガである。

登場人物一人一人が持つ独特の世界観、擬音、台詞、姿勢、
「主人公」が継承されるというシステム、超能力の可視化…etc。
何を今更と言われるかもしれないが、『ジョ ジョ』を語る以上、避けては通れないのだ。
何度読み返しても思い出す当時の感情を。読者として純粋に楽しみながらも、
その一方で作家として味わった敗北感を。私にとって『ジョジョ』とはそういうマンガなのだ。

漫画家は一人で何役もこなさなければならない。監督は言うに及ばず、
脚本を書いて役を演じ(しかも登場人物全員!!)、演出も手掛け、衣装を用意して、
メ イクをほどこし、大道具、小道具、ロケハン、とにかくやるべきことが多い。
何役も兼ねれば当然その中には凡人もいる訳で、イケメンそろえてるけど全員大根とか、
ものすごい映像美なのに脚本がクソとかマンガではよくある話だ。

だが『ジョジョ』は次元が違う。『ジョジョ』のスタッフ、役者は全員がすごいのである。
『ジョジョ』に関わる全てが『ジョジョ』を『ジョジョ』たらしめるため、
限りなく必然に見えるカタチで配置されているように見える。
これはとんでもなく難しいことだ。漫画家は一人で自分らしい作品を作ろうとすればするほど、
それが難しくなるというジレンマを抱えている職業なのだ。
一人でやれることには限界があって、時間の制約がとにかく大きい。
そのため何かに特化しようとそこに時間をかければ、その分どこかの時間を削らなければならない。
削ったことを読者に悟られないようにする作業が、通常ならば作品から独自性を奪っていく。
商業作品はそこから逃れられない。しかし『ジョジョ』は違う。『ジョジョ』ではそれがない。
『ジョジョ』は『ジョジョ』のままだ。こんな作品は他にない。

これを成し遂げえた(作品はまだ終わっていないが、あえて過去形にさせていただく)のは、
作品の根底に流れるテーマを人間賛歌といい切り、
ライフワークに 真摯に向き合う荒木先生本人の卓越した人間力があってこそだろう。

読めばすぐその世界へ飛び込んでいける作品はそう多くないし、
読むだけで「あの頃」に戻れる作品となると実に少ない。
『ジョジョ』は今でもその両方で、この先もその両方であろう。本当に大切なマンガなのである。

58: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 23:21:51.53
>>48
文章巧いなあ

74: ポンポコ名無しさん 2018/02/15(木) 07:19:24.21
>>58
漫画読んでても分かるけど冨樫って基本頭がいい人だと思うな
念の構造や理論にしたってまるで一つの学問のように体系立ってるし
他の類似漫画ではこれが中々出来てないのですよ

そう言う人だからこそこういう文章も書けるのだろうね

49: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 20:08:37.13
・世界で一番人気の漫画DBの作者
・日本で一番人気のRPGドラクエのイラスト担当
鳥山 明 絵

そりゃ全漫画家羨望の眼差しだよな……。

29: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 16:15:08.44
まぁ今の鳥山は信者にすらDBに関わるなって言われる始末だが

33: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 18:12:07.36
>>29
言ってんのは信者じゃなくてアンチだろ
改からの展開見ても鳥山が関わらなければ失速する、関わるだけでオワコンから空前の売り上げにまで返り咲くってのがよくわかったからな
「ドラゴンボール

冨樫と鳥山は作品の方向性が似てるんだよな
一見すると真逆だけど、話づくりがどっちも論理的で理屈っぽいw
両方好きなやつって意外に多いんじゃないかな

34: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 18:14:32.62
>>33
というか少年ジャンプ好きでDB嫌いがまず少ないだろうからね
鳥山ファンは冨樫ファンが多いわけではないが
冨樫ファンは鳥山ファンが多い

61: ポンポコ名無しさん 2018/02/15(木) 00:50:02.39
鳥山明と大友克洋、どっちの方が漫画界に与えた影響は上なの?

66: ポンポコ名無しさん 2018/02/15(木) 01:35:41.61
>>61
少年漫画は鳥山、青年漫画は大友

質的な意味だと同じぐらいの影響を与えている
それ以前、それ以後で漫画の風潮を変えてしまって
雨後の筍のごとく、自身のコピーみたいなのを出したって意味では

量的な意味だと、雑誌数、作品数が
少年漫画>青年漫画
ってことで鳥山の方が影響受けた作家は多くなってしまうと思う

62: ポンポコ名無しさん 2018/02/15(木) 00:54:03.82
そこは流石に鳥山っしょ
手塚に次ぐぐらい影響与えてると思う

139: ポンポコ名無しさん 2018/02/18(日) 00:16:57.75
今のアラフォー漫画家って子供時代とか鳥山模写とかやりまくってるだろw
その時点で影響がないわけがない

「キャラをどう描いたらいいか?」のお手本を鳥山として練習してたんだから根底の部分が鳥山なんだよ
だから夏目房之介辺りは「鳥山以前、鳥山以後」って言っちゃてんだよね

28: ポンポコ名無しさん 2018/02/14(水) 16:01:06.14
イノタケも鳥山は絶大って言ってたしやっぱり別格なんだろうな
鳥山明

113: ポンポコ名無しさん 2018/02/15(木) 23:10:46.56
マシリトが何かの対談で描きたいものは書かせるな、その人しか書けないものを書かせろって言ってたな
的外れに感じることや時代にそぐわないようなこともいっぱい言ってたけど、今のワンピース見てると好き勝手に全部やらせるのはダメだなと思うわ

115: ポンポコ名無しさん 2018/02/16(金) 09:31:10.86
鳥山はシンプルを極めてるからこそ皆がお手本として真似するんだよな
スポーツでも何でも基本を突き詰めてる奴が一番強い
ドラゴンボール (3)

123: ポンポコ名無しさん 2018/02/17(土) 13:19:01.66
鳥山は過大評価されてるよ
確かに絵の技術は神とされるぐらい上手いんだろう、でも漫画家ってのは“漫画”を描く仕事だから
イラストレーターとは違う、漫画の技術としては、鳥山はてんで大したことないでしょ
原作者のようなシナリオを書けるかといったら書けないし、中身はあくまで単純な娯楽性のモノしか描けない

次なるドラゴンボールも生み出せてないし、ジャコはくそだったよ
それで日本一の漫画家とは俺は思わんね

124: ポンポコ名無しさん 2018/02/17(土) 13:35:03.64
>>123
> 原作者のようなシナリオを書けるかといったら書けないし、中身はあくまで単純な娯楽性のモノしか描けない
漫画って娯楽だぞ? 芸術でも気難しいものでもなんでも無い、娯楽なんだから
読んでいて面白く感じるかどうかが一番重要なんだが…
 
  鳥山明 画

それこそ、ゆでの漫画や北斗なんて設定無茶苦茶だけど読んでいて面白いだろ?
逆に小難しい伏線や計算はされてるけど、読んでいてつまんなくてそれが回収される前に打ち切られる漫画も山ほどある…

過大評価してるっていう人ほど、俺にはとにかく伏線貼ればいいと思ってる中二思考にしか見えないな
単純で面白い話を書くほうがよっぽど難しいんだよ
設定を盛る足し算なんて、ぶっちゃけ誰でも出来るんだよ

131: ポンポコ名無しさん 2018/02/17(土) 21:56:23.54
>>123
>確かに絵の技術は神とされるぐらい上手いんだろう、でも漫画家ってのは“漫画”を描く仕事だから
>イラストレーターとは違う、漫画の技術としては、鳥山はてんで大したことないでしょ

いやいやいや、鳥山が上手いとされてるのはそこだろ「画力」じゃなくて「漫画力」
なんかズレてんなあ
 
  ドラゴンボール

 脚本が何を指してるのかイマイチわからないが、鳥山は漫画表現とキャラ作りと物語の「語り方」が上手くて成功したんだよ
面白いかは人それぞれだから私情だが

過大評価は評判と成果が釣り合ってないことを指すものだから、技術・人気と結果が伴ってる場合は当たらない

132: ポンポコ名無しさん 2018/02/17(土) 22:04:55.46
>>131
> 過大評価は評判と成果が釣り合ってないことを指すものだから、技術・人気と結果が伴ってる場合は当たらない
寧ろ人気とか売上を考慮するならDBは過小評価ですらあるんだよな

連載終了して20年以上経過してるのに現在でも進行形で大人気で
バンナムの中でもワンピースのダブルスコアの売上出してるとか凄すぎなわけだし

125: ポンポコ名無しさん 2018/02/17(土) 16:54:28.87
鳥山明は日本一どころか世界一だよ 漫画はね
ただイラストレーターとしては普通の一流レベル

106: ポンポコ名無しさん 2018/02/15(木) 20:26:52.27
ドラゴンボールは作中で35年も時間が経過するが、普通はコレって失敗パターンだよな
2、3年経過するだけでも不評を買うことが多い
子供ヒーローがじじいヒーローにまで老けてくなんて思いもしない

114: ポンポコ名無しさん 2018/02/16(金) 06:02:31.76
>>106
というか本当は悟空が大人になった時点で最終章の予定だったんじゃないかな?
マジュニア倒した時の回なんてほぼ最終回みたいな雰囲気だったしな

ただ当時圧倒的な人気を誇っていたDBを編集側が止めさせてはくれず結局続く事になったんだろう

116: ポンポコ名無しさん 2018/02/16(金) 12:58:50.14
>>114
ちょっと違う
悟空を大人にすることに猛反対したマシリトに対して、いう通りにさせてくれないとこれ以上連載続けられないと言って鳥山が折れなかった
だからやむなくマシリトが折れたが、ドラゴンボールはこれでもうダメかもしれんなって思ったらしい

結果的にそれ以降人気が上がって言ったわけで、マシリトはコレを指して鳥山は天才だと言った
どんなに人気が出ても、そこに落ち着いてしまったら結局読者に飽きられる
それをわかってて変え続けた鳥山はえらいって

マシリトは確かに優秀だけど、いいなりだったら魔ジュニア戦以降も悟空は少年のままの頭身だった
連載も長くは続かなかったかもね
マシリト時代に成功した連載が超長期連載化してしまったとこ見ると、マシリトはじつは保守的なんじゃないかと

117: ポンポコ名無しさん 2018/02/16(金) 16:33:31.12
>>116
ラディッツ編なんかも凄い
あれを今やったら、いきなりの超展開で作者は頭狂ったんじゃないか?って思われるレベル
ドラゴンボール (2)

もうちびっとだけ続くってことで、主役の悟空とDB(ピッコロ)のルーツ(神様が宇宙人とかは予め想定していたとのこと、
ナメック語やヤムチャに神様に宇宙人じゃないだろうな?って台詞を言わせてるのが伏線)を描いて終りにしようとしたんだろうけど

118: ポンポコ名無しさん 2018/02/16(金) 21:19:59.47
>>117
変えるときは中途半端せずに一気に変えるってのがミソなのかも知れない
未成年だった主人公を成人させ子連れにしたと思ったら、実の兄が登場してスカウターやら戦闘力やら言い出して、純真なヒーローだった主人公が実は極悪非道な侵略者だったと判明し、冒頭から兄を道連れに死んで、あの世を旅して修行して、
スーパーサイヤ人の伏線が張られ、前エピソードの悪役ピッコロが主人公の息子を育て始め…とまあ怒涛の展開だった

このぶっ込みがかえって良かったのかも

122: ポンポコ名無しさん 2018/02/17(土) 12:55:48.76
>>118
行き当たりばったり言われるし、実際に行き当たりで描いていたと鳥山自身もいってるけど、
そのシリーズ内で次の次のシリーズ伏線をちゃんと入れたりとか後付設定とかキャラの再利用とかそういうのも
上手いんだよな

伏線だと
・マジュニア編→ナメック語、神様は人間じゃない発言で宇宙人(ナメック星人)設定で次シリーズへの伏線を入れる
・ベジータ編→ナメック星に行けば、もっと強力なDBがあると次シリーズへの伏線を入れる

後付や
・フリーザ親子の来襲→後付で作ったセルへの利用する
・ミスターサタン→元気玉の切り札エピソードとして利用する
とか

鳥山明は頭いい人だと思う

127: ポンポコ名無しさん 2018/02/17(土) 21:04:13.45
>>122
それは思うわ
冨樫も頭いいタイプの作家だから通じるものがあるのかな

141: ポンポコ名無しさん 2018/02/18(日) 08:20:52.16
ドラゴンボールがあれほどのヒット作なのにフォロワーが意外に少ないのは
ああいう作品を面白く描くのは実は難しいからだと思う
上のレスにもあるように「強い方が勝ってるだけだろ」みたいな認識がありその分簡単に描けるように錯覚してしまうが
そんな簡単にヒットするものが描けるなら他の作家ももっとやってるだろう。この路線を「面白く描く」それが非常に難しい事なのだろう

142: ポンポコ名無しさん 2018/02/18(日) 09:49:13.01
カッコいい主人公が悪を倒すってだけのストーリーで人気出すには
アクションとかキャラクターを無茶苦茶魅力的に描かなきゃいけないからな
こんなのセンスない奴は一生できない

166: ポンポコ名無しさん 2018/02/19(月) 21:08:26.30
ナメック星編は本当に面白かったなあ

199: ポンポコ名無しさん 2018/02/25(日) 16:14:41.90
冨樫はホントDB好きねぇ

200: ポンポコ名無しさん 2018/02/25(日) 22:54:04.72
DB嫌いな少年漫画家なんているのってレベルだしな。



引用元http://www.2ch.sc/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ponpokonwes
色々あって書斎、というか本部屋の整理をしていると毎度すぐ手が止まる。
目に入ると手にとって、ページを捲れば時間が過ぎる。
小説は巻ごとで大抵幕引きや区切りが来るからストップ掛け時があるのだけれど
名作マンガでそれが起こると何時間も経ってしまって
気が付くと満足感でいっぱいになるのと同時に頭を抱えるデスよ私。

ついこの前も幽白に時間を食べられてしまったなぁと振り返り
ハンター復活したことだし冨樫先生周りで何か拾ってみようかしらと思って
古めな話題ですがDBも大好きな私的にかなりニヤリと来るものを一つ
今更ですが記事にしてみました。

好きな作家さんが好きな作家さんを敬愛していると聴けるのは
ファンとして何とも快いですな。
純粋に嬉しくなるわ。
娯楽を生み出してくれる創作者たちに乾杯、なのです。

HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス)
冨樫 義博


詳しく見る
30th ANNIVERSARY ドラゴンボール 超史集─SUPER HISTORY BOOK─ (愛蔵版コミックス)30th ANNIVERSARY ドラゴンボール 超史集─SUPER HISTORY BOOK─ (愛蔵版コミックス)
鳥山 明,Vジャンプ編集部


詳しく見る